FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/15

医療向けアロマ・ハーブ講座 艸楽プロジェクト 第1期生 基礎講座修了

こんにちは。
H&カンパニー 石川です。

先日、弊社の艸楽プロジェクト 第1期 アロマ基礎講座が開催されました。

艸楽基礎1-1



【艸楽プロジェクトとは】 現代医学に欠かせない「薬(くすり)」。
「薬(くすり)」は「草かんむり」に「楽」と書きます。

「艸木(くさき)をもちいて 楽(らく)にする」。

古(いにしえ)の医術がこの「薬(くすり)」という文字には秘められています。
その古(いにしえ)の伝統医学と現代の臨床医学を融合し、科学的に裏打ちされた伝統医学を提案していくのが「艸楽(そうらく)プロジェクト」です。

souraku4.jpg


代替療法である、草木(植物)を用いた、植物療法(フィトセラピー)を予防医学、治療の補助、補完療法、病気の予後にどう生かすかを実践的に考えていきます。

souraku3.jpg


医療にどのようにアロマセラピーを生かしていけばよいか
ハーブセラピーを生かしていけばよいか、
本当の意味で養生に生かせるセラピーを考えるために シリーズで行う講座です。


この理念の下、共に学ぶ仲間として、第1期の皆様が誕生いたしました。
今回はそのベースとなる基礎講座にご参加いただき、その後疾患別や専門的な講座に参加していただく権利を得ていただきました。

ほとんどの方がアロマセラピーは既に学ばれていて、第一線で活躍されている方ばかり。
分野も様々でした。
看護師や薬剤師、登録販売士などの医療従事者、セラピスト、ドッグセラピスト、ケアマネージャー、福祉施設や会社を多く経営されている経営者の方、薬局や薬店を経営されている方、講師の方などなど、多岐にわたり、また複数のことを勉強されている、いわゆる時代のニーズに合った、プロでありながらジェネラリストであるという皆様でした。

医療向けアロマの講座であることから、基礎であるとはいえ、ある程度勉強している方がいらっしゃることは想定していましたが、想定以上に皆様が深い知識をお持ちで、そして今後の活動にも明確な指針を持っていて、さらにご自身のレベルを高め、実践で役立つ医療アロマの知識を求めて来ていらっしゃることを、お話をきかせていただきながら、実感いたしました。


午前中は、大手化粧品会社にて営業・マーケティングの最前線で活躍後、薬局経営に転身、漢方にも精通し業界団体の要職も任される、高田 浩孝講師による、これからの時代を見据えた医療と代替医療の展望について、
“「 『ロングライフ』『大人』市場での代替医療ニーズと戦略 ~5兆円市場を逃すな!」”
でした。

艸楽基礎1-3



テーマの業界のみにフォーカスするのではなく、現在の日本の社会状況やトレンドをマクロの眼で、しかも身近な「ああ、あるある」というトピックを通じて分析しながら、これからどう考えてこの業界でビジネスをすすめていったらよいのか...という、高田先生の経歴ならではの非常に中身の濃い内容でした。

艸楽基礎1-2



参加者の方には、各々の気づきの部分をメモしていただいたので、皆さま書いていることが異なりましたが、今まで意識していなかった代替医療の市場について多くの気づきが得られる講座で、多くの方から、受講後大変興味深かったというお声をいただきました。


そしてお昼をはさみ、午後からはアロマセラピーの基礎知識の話でした。

艸楽基礎1-4



アロマセラピーをすでに勉強している方は、復習になりますが、
これまで、聞いたことのなかった話が聞けた。勉強になりました。
というお声をいただき、私たちもほっといたしました。
特にアロマの協会などではさらっとしかお話しない植物にまつわる話などは、興味深く聞いていただけたのかなと思います。

艸楽基礎1-5



そして、アロマクラフト(アロマグッズ)製作ではアロマスプレーを製作。
怒涛の勢い(笑)での解説の、精油各種を組み合わせてご自分好みのブレンドをしていただきました。
皆さん、とても真剣で、楽しそうでした。

また、この基礎講座でもうひとつテーマとして掲げているのが
「いかに自分のエンドユーザーにアロマセラピー等をわかりやすく伝えていくか」
です。
様々な分野でご活躍の方々に「医療アロマ・ハーブ」をすそ野広く広めていただくためには、専門的知識をお持ちでない方、更にはそもそもアロマやハーブに関心のない方、に向き合う場面が多くなります。
そういった方々にいかに正しく、わかりやすく、そしてどう噛み砕いて関心を寄せていただくようなご説明するのか。
その時には、専門的知識を持ったうえで
例えば「アロマのトリートメント受けに来ました」「アロマの資格が取りたいです」
といった方へとまた違ったアプローチが必要となります。

「医療アロマ・ハーブ」ひいては「アロマ・ハーブ」他の代替医療が特別なものではなく、広く良い形で社会に浸透していくための"アンバサダー"としてのヒントも基礎講座で得た上で、この後の疾患別講座に参加していただきたい。

艸楽基礎1-6



弊社が疾患別講座の前に基礎講座の受講を必須とさせていただいているのは、アロマセラピーそのものの知識の学びと確認のほかに、こうした部分があるからでもあります。


また、これからアロマの研究をしたいと思っている学生さんたちの見学も受け入れることにいたしました。
初めて聞くアロマの話、またクラフト作りはとても刺激を受けられたようで、全員ものすごい勢いでメモを取っていらしたのが印象的でした。


艸楽基礎1-7



艸楽基礎1-8



ご参加の皆様、長時間の講座で、かなりみっちりとボリュームのある内容でしたが、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。


今後艸楽プロジェクトとして、医療向けアロマ・ハーブなどの講座、代替療法の講座、専門医療の講座、漢方の講座など広く開催していく予定です。
既に、2期生の希望もあり、次回以降の基礎講座を心待ちにしてくださる方も何人かいらっしゃいます。
また、順に企画していきたいと思います。


艸楽プロジェクト
当面の今後の予定については、

● 2016年 3月 21日(祝)(月)
「疾患別アロマ講座 第1回 『ストレス疾患』」(対象:アロマ基礎講座受講完了者)
講師 石川 奈美
● 2016年4月24日(日) 
一般公開講座 「アロマ膝ケア実践講座」
講師 楢林 佳津美 先生(JAA日本アロマコーディネーター協会主任講師、一般社団法人日本アロマ膝ケア協会代表)
● 2016年10月9日(日)
一般公開講座「精油の化学、総論と各論」
講師 三上 杏平先生(NARD JAPAN:ナード・アロマテラピー協会顧問(前会長)、ハーブ&アロマテラピーアドバイザー)

になります。
一般公開講座につきましては、広くどなたにも受けていただける講座となっておりますので、ふるってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。
疾患別講座については、基礎講座修了者のみとなります。
今後の基礎講座の予定もまたアップしていきたいと思います。


また、「女性講師のための魅力発信講座」も
第2弾を開催いたします。

*****************************

女性講のための師魅力発信講座②~女性講師が気になるお金の話~
【日時】
2016年2月24日(水) 10:30~16:30
詳細はこちら

******************************

お申込み、おまちしています!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。