2017/04/12

精油の昆虫忌避作用について ~海外の研究から~

こんにちは。
H&カンパニー 中川です。

先日、興味深い記事を拝見しました。
「虫除けキャンドルには効果無し! 蚊除け製品の効果を科学的に検証した結果」(『WIRED』日本語版)
http://wired.jp/2017/04/02/in-high-tech-mimic-of-your-patio-scientists-find-the-best-mosquito-deterrent/

mosquito2.jpg




アロマセラピーの世界の夏のアロマクラフト(アロマを使ったグッズ)製作では、「虫除け」「虫さされ」等が人気です。
弊社にて昨年薬局様向けにプロデュースさせていたただいた「虫除けスプレーキット」も大変ご好評いただいておりました。

薬局アロマ(医療アロマプロデュース) 「虫除けキット」
http://h4andcompany.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

スプレーキット



上記の記事の中でも触れられていますが、現在日本での市販の「虫除けスプレー」で主に有効成分とされているのが「ディート」という成分ですが、この成分の安全性への不安等から、こうしたアロマセラピーの活用例は、健康に関心の高い方や小さなお子さまがいらっしゃる方には大変感謝されます。

さて、先に挙げた記事の中の研究。
Efficacy of Some Wearable Devices Compared with Spray-On Insect Repellents for the Yellow Fever Mosquito, Aedes aegypti (L.) (Diptera: Culicidae)
https://academic.oup.com/jinsectscience/article/2996380/Efficacy
米国・ニューメキシコ州立大学の研究チームが、様々な成分や使用形態の11種類の虫除け製品の効果を比較したというものです。
科学雑誌掲載の研究ですが、抄録ではなく、論文内容が図や表付きで全文読めます。
こういった内容が一般に読むことができるのは非常に貴重だと思います。

11種製品一覧


(引用:https://academic.oup.com/jinsectscience/article/2996380/Efficacy)
成分をファンなどで拡散させる携帯タイプ、ブレスレットタイプ、スプレータイプ、キャンドルなど。

この中でも効果が高かった上位3製品は

・メトフルトリンを噴霧するウェアラブル蚊除け器「OFF! Clip-on」。27パーセントの蚊しか、風上の区画に入らなかった。引き付けられる蚊は約70パーセント減少。
・レモンユーカリ精油入りスプレー「Cutter Lemon Eucalyptus」。29.6パーセントの蚊しか、風上の区画に入らなかった。引き付けられる蚊は約67パーセント減少。
・ディート含有率98パーセントのスプレー「Ben’s Tick & Insect Repellent」。33.7パーセントの蚊しか、風上の区画に入らなかった。引き付けられる蚊は約60パーセント減少。
音波を利用した個人用蚊除けグッズや、シトロネラキャンドル、ハーブ入りのスプレーやブレスは、ほとんど効果がなかった。
(引用:http://wired.jp/2017/04/02/in-high-tech-mimic-of-your-patio-scientists-find-the-best-mosquito-deterrent/)

私が驚いたのが、第2位、レモンユーカリ精油(学名:Eucalyptus citriodora)の効果の高さ。

レモンユーカリ


(↑レモンユーカリ)
何せ精油濃度30%でディート98%のスプレーより効果が高いのですから。

日本の薬機法では、製品でのディート含有量は12%までとされています。
それのほぼ100%に近いものより1/3以下濃度の精油を使った製品が...。

実際、皮膚刺激等の観点からの精油濃度の検討は別途必要と思いますが、こうした研究からもアロマセラピー活用方法がいろいろ見えてくるようで楽しみです。

あと少し暖かくなると、早い所では蚊も出現してくると思います。
先にご紹介させていただいた虫除けスプレーキット、ご関心ある方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

株式会社H&カンパニー
MAIL: info@eichiand.com
TEL: (052)363-8133
HP: http://www.eichiand.com
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント